手続により金額が変わる

説明

専門家に依頼した場合

借金の返済が厳しいときは債務整理も考えていきたいですが、債務整理を行うにも費用が発生しますので、どれぐらいの金額が必要なのかも知っておきましょう。債務整理の費用は選ぶ手続きによっても変わってきます。比較的費用の負担が少ない方法に任意整理があり、この場合は裁判所を介さずに債権者と交渉を行います。基本的には利息をカットする方法ですので、借金の減額はそれほど大きくはありませんが、手続きは比較的簡単で、費用の負担も少なく抑えることができます。より多くの借金を減額するのであれば、自己破産や個人再生を選ぶこととなります。自己破産を選ぶと借金は免除されますが、そのかわり価値のある財産は失うこととなります。自宅など財産を守りながら借金の減額を混ざすのであれば個人再生も検討したいところです。これらの方法は裁判所を通じて手続きをする必要がありますので、全く知識がないと個人で行うのは難しいものがあります。それゆえ、こうした債務整理を行う際は司法書士や弁護士などの専門家に依頼することが一般的です。専門家に依頼した場合はその報酬も必要となります。発生する費用としては相談料や着手金、さらに基本報酬や成功報酬が発生します。そして裁判所費用としては予納金や印紙、切手の費用などがあげられます。借金の相談については初回は無料で対応してくれる法律事務所も多いので、まずは相談から始めてみましょう。債務整理の費用を用意するのが難しい人は法テラスの民事法律扶助を利用することもおすすめです。