借金でお悩みの人たちへ

本

専門家への相談について

日本では、様々な借金問題に悩んでいる人も少なくないといわれています。自力では完済の目処が立たないほど借金問題で追い詰められているのであれば、弁護士などの法律の専門家に債務整理について相談してみることをお勧めします。一口に債務整理といっても任意整理、個人再生、自己破産といった方法があります。個人再生と自己破産は裁判所の認定が必要となりますが、任意整理は裁判所での手続きは不要となります。いじれの手続きを選択するにしても個人で進めることは困難なので、弁護士などの専門家に依頼することが現実的です。債務整理に係る費用については、自己破産、個人再生の場合は裁判所に提出する書類作成に係る実費のほか、弁護士への報酬が必要となります。また、事前の弁護士への相談にあたっても相談料という形で費用が発生することが一般的です。債務整理を行うことが現実的かどうかの相談だけでも費用をかけずにしたいのであれば、自治体などが実施する無料法律相談を利用するという方法があります。自己破産や個人再生が認められる凡その基準については教えてもらうことができますので、まずは無料相談だけでも行ってみるのがよいといえます。また、弁護士費用については法テラスによる貸付制度や、弁護士事務所によっては分割払いの相談に乗ってくれるケースもあります。借金問題で行き詰っているのであれば、一人で悩んでいるだけでは決して問題は好転しないので、まずは一度弁護士に相談してみることをお勧めします。